【ザ・リッツ・カールトン東京のすべて】クラブラウンジ&withコロナ下での注意点も

こんにちは、あずきです。

前回の記事では、宿泊した『クラブタワーデラックスルーム』についてご紹介しました。

この記事ではザ・リッツ・カールトン東京のクラブラウンジについて書いていきます。

また現在withコロナの影響で通常と異なった運営や混み具合でしたので、併せて紹介します。

以下について知りたい人
  • ザ・リッツ・カールトンクラブ®レベル・クラブラウンジの良さ
  • withコロナの影響

【ザ・リッツ・カールトン東京のすべて】クラブフロア宿泊~クラブタワーデラックスルーム~

クラブラウンジの構造

今まで訪れたホテルの中でも、クラブラウンジのサイズが大きく、また3フロアにも分かれておりそれぞれ異なった趣がある点が特長だと思います。

最上階53階のエレベーターを降り、廊下を進んでいくと立派な胡蝶蘭が見えてきます。別記事で紹介しますが、リッツにはロビーをはじめ至る所を蘭が彩っています。

蘭がとても綺麗です!

間接照明がより胡蝶蘭の美しさを際立てていますよね。

入ってすぐはガーデンテラスという名前のフロアです。

ガーデンテラス

床が濃い茶色の木目を使っており、ナチュラルで自然な空間となっています。

開放感のある空間なので、昼下がりに日を浴びながらまったりするのに合っていますね。

ハープの生演奏時等にはとても近距離で聞くことができとても良いですよ。

ただ、入り口付近とあって常に人が行きかっているのでプライベート感はあまり感じられないかもしれません。

ダイニングルーム

こちらは、お花が描かれた上品な絨毯が敷き詰められたフロア。

夜、落ち着いた雰囲気の中でディナーとお酒をいただきながら、ゆっくり語らいあうのに最高ですね。

ライブラリーラウンジ

私の一番のお気に入り!一番奥のライブラリーラウンジは、ゆったりとしたソファに加え各テーブルが本棚で仕切られておりプライベート感があります。

一番奥まっていることもあり、周りの人を気にせず自分たちの世界に浸れるのがよいですね。

一番奥の席からダイニングルームまで続く通路。

ライブラリーラウンジにはバーカウンターもあり、ディナー後のカクテルタイムにおすすめです。

『プレジデンシャルスイート』がクラブラウンジに?!

現在はGoToキャンペーンの影響で、混雑しているというザ・リッツ・カールトン東京。

いつも以上のお客様が利用されているそうで、日程によってはクラブラウンジに入りきらず、53階の『プレジデンシャルスイート』をラウンジ代わりに使っていました。

『プレジデンシャルスイート』レベルの部屋(220㎡、約一泊74万円)に宿泊される方はなかなかいないのでしょうね。

何度かクラブラウンジに行っていれば、こちらも新鮮で楽しいですが、きちんとクラブラウンジでお食事されたい方は事前に時間の予約をしておきましょう

夕食の時に翌朝の朝食に何時に来るか、昼食時に夕食は何時ごろか聞かれます。私は朝食を食べた切りランチには行かなかった為夕食の予約をしておらず、こちらの部屋となったと思います。

フードプレゼンテーション

ザ・リッツ・カールトン東京のホームページより

5つの時間帯に分けて提供されます。

新型コロナウイルスの感染拡大対策として、ブッフェのサービスを取りやめ、セットメニューでの提供に変更となっています。

withコロナの状況下なので、従来ディナーでは食べたいだけブッフェスタイルで取りに行けていたのですが、セットメニューとなったのでお腹いっぱいになるのはなかなか難しいです。

朝食

良い天気です!

まず一日目の朝食です。

朝食は洋食と和食が選べます。上の写真は共通のサラダ、ヨーグルト、チーズ、フルーツです。

ヨーグルトはスフレのようなふわふわヨーグルトでした。

洋食は卵料理。

和食は鮭定食でした。アフターヌーンティーをはじめ甘いものばかりいただいていたので和食を欲していました。

二日目の朝食です。

スターターセットは同じですが、ヨーグルトがマンゴーからあまおう苺になりました。

洋食は同じメニューなので、和食を頼みました。

魚が変わり鯖定食です。

2日目はなぜかパンをいただけました♪

朝食は9時、9時半の時間帯が人気なようだったのでずらした方が良いかもしれないです。

アフタヌーンティー

他の時間帯のフードを差し置いてもこのアフタヌーンティーだけは絶対に味わってほしい!

豪華な3段のティースタンドとなっています♪

Happy Anniversaryと書いてくださっています。スタンドの一番上にはリッツライオンがいますよ。

秋の味覚・シャインマスカットは好物なのでとても嬉しい!

アフタヌーンティーはちょうどチェックインした時の提供です。

ディナー前のオードブル&限定イベント

この記事を書いて知ったのですが、ディナーかと思っていたら、ディナー前のオードブルという名前なのですね。それは100%お腹いっぱいにはならないわ笑。

一日目のオードブルです。

見づらくてすみません

毎週土曜日はチーズエキスパート ジェレミー・エヴラール氏が厳選したチーズを楽しめる「チーズナイト」が開催されています!

クラブフロア宿泊者限定イベントが本当に楽しいので、別記事で詳細に書きますね!

フランスのチーズを堪能できますよ☆

2日目のオードブルです。

日曜日は『マッコリイベント』が開催されていました。こちらも楽しい!

生マッコリをいただける機会は滅多にないですよね。

目の前で生マッコリとパイナップル、オレンジなどのカクテルを振舞ってくださいます。

ブッフェスタイルでなくなり、寂しい部分もありましたが、そのスペースを活用してお客様を楽しませるイベントを開催しているリッツカールトン。

コロナに負けず、コロナだからこその発想で『お客様のために』を常に考えているホテルだと感じました。

スイーツ&コーディアル

1日目のスイーツ。

2日目のスイーツ。

あずき

オードブルを食べて、プールで泳いでからスイーツを食べるとちょうどお腹がすいて良かったよ!

withコロナで変わった点

GoToトラベルの影響でスタッフさんですら、びっくりされる程の人気ぶりとなっているようです。

また、ブッフェでなく席までお食事を運ぶスタイルとなっているのでスタッフさんも大忙し。

以前の方が落ち着きがありゆったりとした雰囲気で自由にくつろいだり、仕事をしたりできるイメージでした。

今回訪問してみて、別のラウンジスペースまで用意するほど混みあっていて忙しない雰囲気となっていたのは残念でした。

ただそんな中でも、スタッフさんおひとりおひとりの対応はいつも通り思いやりに溢れていますし、コロナ&GoToの影響下では仕方のないことだと思います。

あずき

休日は家族連れも多く混んでいたけれど、平日は比較的ゆったりできたよ!

次回は…

次回は、クラブフロア宿泊者限定イベント『チーズナイト』と『マッコリイベント』についてお伝えしていきます。

胡蝶蘭という一風変わった視点からザ・リッツ・カールトン東京を紹介している記事もぜひご覧ください。

【ザ・リッツ・カールトン東京のすべて】幸せを運ぶ胡蝶蘭はリッツ・カールトンの顔だ

お楽しみに♪

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です